あなたもエンジェルスクエアのメンバーに

エンジェルスクエアでは、新しい仲間をいつでも募集中です。

「タレントになりたい」 それは皆さんの誰もが、一度は描く夢でしょう。

その夢の実現に挑戦するあなたを、エンジェルスクエアがお手伝いします。

「だけど、そんなに簡単にタレントになんかなれるわけがない」

あなたは今、そう思っていませんか? 

もちろんです。断言しますが、それは決して誰もが簡単に実現できる夢ではありません。

そのために必要な条件は三つです。

第一に、「絶対に夢を実現するんだ」 というあなたの強い意志。

第二に、たとえば発声練習のような地味なレッスンでも、一所懸命に続けていく努力。

そして、もともとあなたに備わっているかもしれない「タレントとしての才能」、この三つです。

ここで皆さんがもっとも悩むのは、この、三つめの条件についてでしょう。

「タレントになりたいという気持ちは誰にも負けない」

「そのための勉強なら絶対にがんばれる」

「だけど、私にそんな才能があるだろうか」

 

正直に書きますが、その才能の有無を、一目会っただけで見抜くことは、私たちにもできません。

これだけは、多くのレッスンやコミュニケーションを通して、私たちとあなた自身で答えを見つけるしかないのです。

また、それらを通じて「眠っていた才能」が目を覚ますこともあります。

才能は必要です。でも、それはタレントとして通用するための条件です。

あなたが、タレントになりたいという夢に、挑戦するために必要な条件ではありません。

 

エンジェルスクエアで活躍中のメンバーの中で、

最初から 「私にはタレントの才能があるから」 と確信してこの道を選んだひとは、実はひとりもいません。

すでにいくつもの仕事を経験しながら、「私に、本当に才能があるだろうか」 と悩んでいるメンバーもいます。

それでいいのだと私たちは考えています。

「才能」 は、ともに見つけ、ともに育てていくものなのですから。

 

ですから、エンジェルスクエアは、「あなたもタレントになれる!」 というお約束をしません。

その代わり、夢に挑戦するあなたと、ともに悩み、ともに努力し、ともに挑戦する仲間であることをお約束します。

 

デビューを目指すか、自分を磨くか。

ちょっと世間話をしましょう。

日本中には、実に多くの劇団やタレント養成所があり、そこには、たくさんの子供たちが所属しています。

幼稚園くらいの小さな子もいれば、小学生もたくさんいます。

ところで、この子供たちは、全員が自分の意思で養成所に入ったわけではありません。

つまり、お父様お母様が、我が子をそこで学ばせることを望んだ、というケースも多いのです。

では、この親御さんたちは、みなさんが「我が子をタレントにしたい」 と望んだのでしょうか?

実はそうではありません。

むしろ、次のような願いをもって養成所に通わせている親御さんも少なくないのです。

「引っ込み思案で友達が少ない」 から 「活発で社交的な子に育つように」 とか

「会話能力の発達が少し遅れ気味のようなので」 「大きな声でハキハキと会話ができるように」 とか。

もっと動機が明確で、なるほどなーと思えるような例もあります。

「私立中学校の入学試験には面接があるが、この面接で好印象を持たれるように」 というものです。

うーん、最後の「お受験対策」 のような動機は、

真剣にタレントデビューを目指している人からは首をかしげられるかもしれませんが、

でもこれは、確かに有効な受験対策と言えるかもしれません。

私立中学の面接官だって人間です。

陰気な顔でボソボソ話す子よりも、明るいチャーミングな笑顔でハキハキ話す子の方に好印象を持つでしょう。

笑顔ばかりでなく、たとえば将来の夢は何かという質問に、その小学生が真剣そのものの表情で答えたなら、

その子に対する期待感や信頼感もいや増すでしょう。

こんなふうに、お受験対策で劇団に所属している子って、実はかなり多いんです。

 

 

さて、本題に入りましょう。

いきなり縁起でもないことを言うようですが、あなたがもし、「タレントになる」 という夢にいつしか疑問を持ち、

もっと生き甲斐を感じられるほかの道に進んだとします。

たとえば看護師さんになることを目指す、バリバリのビジネスレディになることを目指す、というふうに。

このとき、「タレントになるために学んだ」 ことのすべてが、あなたの新しい夢の実現に、必ず役立ちます。

これは断言してもいいです。

なぜなら、タレントの仕事とは、結局のところ、多くの人々との「コミュニケーション」であり、

そして「コミュニケーション」は、すべての仕事の基礎的なスキルであるからです。

どんな仕事でも、チャーミングで豊かな表情と、明快で聴き心地の良い話し方は強い武器になります。

おわかりでしょうか。

タレントとしてのトレーニングを積むことが、あなたをチャーミングな社会人に成長させるのです。

 

もちろん私たちは、エンジェルスクエアに所属していただく以上、あなたには脇目もふらずにタレントデビューを

目指していただきたいと望んでいます。

しかしその過程でチャーミングに磨かれたあなたはあなた自身です。

ひたむきにデビューを目指すもよし、まず自分を磨いて、その結果としてデビューするもよし、

夢に挑戦するアプローチはあなた次第です。

採用の条件は「ちゃんとあいさつができること」

ひとつまえの項でタレント養成所のことを書きましたが、

エンジェルスクエアは「スクール」ではありません。

メンバーとして採用させていただく以上、できるだけ早く仕事の経験を積んでいただけるよう、

つまり一日も早くデビューしていただけるよう、

芸能関係や広告関係に対してプロモーションを実施させていただきます。

そこで、採用に際しては、「最低限これだけは」 という条件を設定させていただいています。

 

それは「きちんと、年齢に応じた、初対面の相手へのあいさつができること」 というものです。

これは、あいさつのセリフが間違っていないかとか、敬語づかいが正しいか、などということではありません。

相手に向かって背筋を伸ばして立ち、相手の顔を正面から見て、自分の姓名をはっきりと伝え、

腰を折ったお辞儀ができるかどうが、という、実に単純な礼儀作法のことです。

あなたも、小学校の卒業式で卒業証書を受け取る練習をしたはずです。あれと同じこと、つまり、

まさに小学生レベルの礼儀作法のことなのです。

信じられないかもしれませんが、今では、こんな当たり前のことができない若者に会うことも少なくありません。

そういうひとに、一から礼儀作法を教えるようなことは、エンジェルスクエアではやっていません。

芸能界にしろ、CMの世界にしろ、そこは厳しい大人のビジネスの世界です。

そこに子供は、少なくともあいさつもまともにできない「子供」は連れて行けないのです。

 

これ以外に、採用に際してはエンジェルスクエアのスタッフによる面接を受けていただきますが、

そこで演技力や歌唱力などを「試験」 させていただくことはありません。

もちろん自信のある方には積極的に自分の実力をアピールしていただきますが、

それらの技術を持たないことが、不採用の理由となることはありません。

 

では「容姿」 はどうでしょう。

タレントである以上、容姿ももちろん採用の判断基準となります。

ただしそれは、美男美女に限る、という意味ではありません。

さすがに誰とは言えませんが、芸能界で活躍しているタレントさんの中には、

必ずしも美男美女というタイプ「ではない」方もたくさんいます。

その代わり、その方々には、美男美女にはない個性、愛嬌だったり、面白味だったり、

一度見たら忘れない顔だったり、といった武器があります。

私たちはそういう観点から 「容姿」 を判断します。

ここでひとつアドバイスですが、ふつう、自分の容姿に絶対的な自信を持っているという人は多くありません。

まして若い女性であればなおさらです。

誰もが自分の顔や体型の、マイナスな部分ばかりを気にしていて、それが時としてチャームポイントになるという

可能性を考えようとしません。

このさい、自分の容姿の良し悪しを、自分で判断するのはやめてしまいましょう。

これがアドバイス。ありのままのあなたを見せてくれれば、それでいいのです。

 

最後に、エンジェルスクエアオリジナルの格言をひとつ紹介しましょう。

「人間は顔じゃない。大切なのは、顔つきだ」

 

誤解してほしくないけど、あなたの自主性に任せる が基本です。

繰り返しになりますが、エンジェルスクエアはタレントを育てる「スクール」ではありません。

採用させていただいた方は、その瞬間から、立場だけは「エンジェルスクエアの所属タレント」です。

スタッフは、芸能関係や広告関係に、あなたという新人を積極的に営業していきながら、

チャンスがあればオーディションに参加してもらいます。

最初のオーディション・チャンスをものにしてデビューできる可能性は高くありません。

しかしそれでいいのです。そうやって経験を積み、自分に何が足りないか、何を学べばいいかを知りましょう。

これに平行して、レッスンを受けることもできます。

「あなたの自主性に任せる」 という表題は、このことです。

スクールであれば、かっちりとしたレッスンプログラムができあがっていて、

練習生は週一回、、月二回といったスケジュールでこれを受講するシステムになっています。

もちろんこれは有料であり、練習生は必ず受講しなければならない、というのが普通です。

 

しかしエンジェルスクエアでは、 タレント一人ひとりに応じた講義を組み立て、

できるだけタレントの都合に合わせて、ごく少人数でのレッスンを行うことにしています。

しかもその受講は任意です。

「エンジェルスクエアに所属する以上、必ずレッスンを受けていただく」 という拘束は一切ありません。

なぜでしょう。

答えは簡単。レッスンを受けるには、安くないお金を払っていただかなければならないからです。

週一回のレッスンともなると、ひと月のレッスン料は万の単位になります。これを毎月支払っていただくことは、

決して軽い負担ではありません。

ですから、レッスンの受講はあくまでも任意として、あなたの自主性に任せることにしているのです。

もちろん、レッスンは、受ければ受けるほどさまざまな技術やセンスが身につきます。

受けないより受けたほうがいいに決まっています。

でも、そのレッスン料を捻出するために、あなたの生活に経済的犠牲を強いるのは私たちの本意ではありません。

また、お金がなければタレントとしての才能は磨けない、という考え方をしたくありません。

きれい事に聞こえるでしょうか? 

ではここで、エンジェルスクエアが考える、お金が(あんまり)かからない、しかしもっとも大切なトレーニング法を

お教えしましょう。

それは「素振り」 です。野球のバットや、テニスのラケットや、剣道の竹刀をひとりで振る、あれです。

発声練習でも、台本を使ったセリフ芝居でも、それを毎日欠かさずひとりで練習するのです。

仮に、週一回のレッスンを受けながら、そのレッスン以外には何もトレーニングをしない人と、

月一回のレッスンで教わったことを、それからひと月毎日自習する人とでは、必ず後者が上達します。

タレントとしての能力を高める方法は、必ずしも多くのレッスンを受けることばかりではないのです。

自主的に前向きに、自分を高めていこうとする人は必ず前へ進めます。

もちろん毎日の「素振り」も自主的に、ですよ。

入会金や月会費・年会費などは必要ありません

レッスン料のことが出ましたので、このことも書いておかねばなりません。

エンジェルスクエアに所属するために必要な費用として、

入会金・月会費や年会費などの負担は一切必要ありません。

ではエンジェルスクエアの収益はどこで生まれるのか、これをご説明しないと逆に不安でしょう。

あなたがエンジェルスクエアのタレントとして、実際に仕事をした際には報酬が発生します。

この報酬の一部がエンジェルスクエアの収益となり、あなた本人には、それを差し引いた金額が支払われます。

この割合は、あなたがエンジェルスクエアに採用されて所属タレントとしての契約を結ぶ際に、お互いの話し合いで決定され、また仕事ごとの報酬額については、エンジェルスクエアが発注先と交渉します。

これは芸能プロダクションや、劇団、タレント養成所などでとられている一般的なシステムです。

 

では、タレントとして活動していくためにお金は一切必要ないか、というと、それは違います。

結構かかります。それは覚悟してください。

レッスンの受講は前項に書いたとおり任意ですが、ほかにも、お金がかかることは無数にあります。

たとえばオーディションに参加する場合の交通費も、特に遠隔地でない限り本人負担が原則です。

オーディションの際に、たとえば「白い服を着用のこと」という条件があれば、それを用意するのも本人。

「髪は黒髪に限る」という条件を満たすために、染め直しをする費用も本人負担です。

たとえば映画のオーディションの声がかかったとします。すごいチャンスです。絶対合格したいですね。

それなら、その映画の監督が撮った作品の5本や6本は見ておかなければなりません。

このレンタルビデオ代も会社では面倒見ません。

海外ロケに行きました。ちょっと寂しくて日本のお母さんに電話しました。これも自己負担。

勉強のために東京まで舞台を観に行きました。もちろん自己負担。

写真撮影が迫った。エステに行こう! やっぱり自己負担。

どうしてエンジェルスクエアはこんなにケチん坊なんでしょう。

それは、あなたが実際に仕事をして受け取る報酬を、できるだけ高く設定するためです。

実際のところ、以上のようなことをすべて会社が負担するシステムをとれば、

あなたの実際のギャラは限りなくゼロに近づきます。

お金のことをとやかく言うのは、あまり行儀のいいことではありませんが、

ギャラは、あなたのやる気と努力と才能に対する「評価」のひとつです。

がんばった人が、がんばっただけの評価を受ける、つまり適正なギャラを受け取る、それが、

正しいあり方であるはずと考え、エンジェルスクエアではこのようなシステムをとっています。

どうかがんばって、一日も早く「稼げる」タレントになってください。

   

未成年の方は保護者様との三者面談

あなたが未成年なら、この項は必ず保護者様にも読んでもらってください。

エンジェルスクエアでは、未成年者の採用については必ず保護者様のご同意をいただくことにしています。

面接にも必ずご同席いただき、契約内容や仕事内容について、完全にご納得いただき、

私たちも保護者様のご希望(学業優先・水着NGなど)を十分に理解した上で、契約を進めさせていただきます。

なぜなら、未成年者、特に就学中の人の場合、私たちはあなた本人よりも、むしろ保護者様の意向に沿って

マネージメントをしなければならないからです。

 

ひとつ具体的な例を挙げましょう。

あなたがあるCMのオーディションに呼ばれました。

ところがその本番の撮影日は平日の昼間、つまりあなたは学校を休まなければなりません。

当然私たちは、その日学校を休めるかどうか、あなたに確認しようとします。

デビューのチャンスです。あなたは学校を休んでも仕事をしたいと思うでしょう。「OKです」と言ってしまいます。

そしてオーディション。あなたはめでたく合格し、CMデビューが決まりました。

ところが、です。ご両親は学校を休むことを許さず、この仕事はキャンセルしたいと申し出ます。

さあ、私たちは頭をかかえてしまいます。

オーディションに受かっておきながら、その制作プロダクションに対して、

「学校があるからやっぱりこの仕事はできません」とは絶対に言えません。

「どうして事前に確認しなかったのか」と怒られるだけならまだいいです。下手をすれば損害賠償・裁判沙汰です。

こんなことのないように、私たちは必ず仕事の内容について、事前に保護者様に相談をします。

いわば、未成年のあなたにとって、第一のマネージャーは保護者様だということになるわけです。

 

もちろん、未成年と言っても、すでに高校も卒業しているような年齢ならば、保護者様の同意を前提に、

すべてをあなた本人との間で決めるというケースもありますが、それは特例。

前にも書いたことですが、タレントの世界は大人のビジネスの世界です。

未成年のあなたを大人の世界に連れて行く以上、私たちにはあなたを守る義務があります。

ちょっと堅苦しいことを書きましたが、理解していただけたらうれしいです。

 

 

 

 

採用までのプロセス

あなたがこのホームページに興味を持ってくれて、

「話だけでも聞いてみようかな」 という気持ちになっていただけたとします。

すべてはそこから始まります。

 

エンジェルスクエアでは、いつでも募集に関するご相談やご質問を受け付けています。

まずはメールで結構ですから、あなたから、私たちに声をかけてください。

「応募じゃなくて質問なんですけど」 でもいんです。

「直接くわしい話を聞きたいんですけど」 だともっと素敵です。

「すぐにでも採用してください」 なら「まあまあ落ち着いて」と答えます。

そうやって、私たちにコンタクトしていただければ、こちらから直接お電話を差し上げて、

面談の日取りを決めていくことになります。

 

(以下のプロセスは、福岡本社まで来ていただける方をモデルにご案内します)

 

ここで注意してほしいのは「面接」 ではなく、「面談」 ということです。

この段階では、まだあなたは「応募」 していません。

面談は、普通の企業にたとえるなら「会社説明会」 のようなものです。

あなたはここで、エンジェルスクエアやタレントの世界について、

知りたいことや不安に思っていることを何でも聞いてください。

「応募」するかどうか、決めるのはそれからです。

もちろん、この面談の段階で

「応募します。採用してください」 と意思表示していただくことも大歓迎です。

なお、あなたが未成年者様の場合、この面談までは、

保護者様のお立ち会いは絶対条件ではありません。

もちろん最初から保護者様ご同席が望ましいのはもちろんですが、

親元を離れてひとり暮らしをしている、などのケースもあるでしょうから、

この面談まではOKということにしています。

ただし、未成年者様の場合は、面談は必ず日中に行います。

したがって、学校などの都合で平日の面談が不可能な場合、

日取りは土曜日に指定させていただいています。ご了解ください。

 

さて、面談の結果、あなたが「エンジェルスクエアでがんばってみたい」

と決心したら、あらためて担当者にご連絡をください。これが「応募」です。

そうしたら、今度こそ「面接」 です。

未成年者様は必ず保護者様にご同席いただくか、それに準ずるものとして

ご承諾書のご提出をお願いしています。

同時に保護者様には、当社の社長から直接電話でご挨拶を申し上げ、

ご承諾の意思を確認させていただいています。

面接では、エンジェルスクエアからあなたへの質問がメインになるでしょう。

本当にがんばる気持ちがあるのかどうか、主にそれを確かめます。

 

採用されれば、あなたはその日からエンジェルスクエアのタレントです。

でも、本当の意味でのタレントになるためには、

何よりもまず、仕事をひとつ経験することです。

そのために、私たちは全力であなたをサポートしてまいりますが、

同時に、あなた自身のがんばりが、何より大切なのだということを

忘れないでください。

今あなたがここまでの案内を読んで、「やってみたい!」 と強く思った

その「初心」 をいつまでも持ち続けること、それがあなたを成長させる

何よりのエネルギーになるでしょう。

 

 

おまけ。

最初にあなたから送っていただくメールの質問内容について。

「絶対タレントにしてくれますか」 

この質問に対する私たちの回答は決まっています。

「ご質問ありがとうございました。残念ながらそういう根性では絶対なれません」

厳しいようですが、そういう回答をさしあげるしかありません。

ですが、このメールによって、あなたをタレント不適格と決めつけることもありません。

あなたが、それによって 「タレントとは何か」 に気づいてくれればいいのです。

さあ、どんなことでもまず聞いてみてください。

 

 

福岡本社にご来社が不可能な方へ

 

まことに申し訳ありませんが、現在は本社以外での面談を行っておりません。

東京支社での面談・面接等については別途ご案内させていただきますので

お問い合わせください。

お問い合わせメールはここから

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です